”たべる”でいきる。

すべてのお野菜を通じて、今よりもほんのちょっとだけ幸せな食を創っていきたい、24歳八百屋の日記です。

【神戸のお野菜宅配1ヶ月経過のしるし】

風が心地よくなり、夏が少しづつ遠くに去っている感覚がある今日このごろです。

 

 宅配事業を始めてはや1ヶ月。

今日からぼちぼちこの1ヶ月の総括をしていこうかなと思います。

 

f:id:vegejun:20170831001026j:plain

 

ぶさべじ宅配、31人のお客様と出会う

 1ヶ月、週2回の宅配で計31名の方々にお野菜をお届けすることができました!

 

う~ん、これは果たして水準としてどうなんやろ・・・。

ここを来月以降のベンチマークにします!

 

 

宅配のあるべき姿はまさに”温故知新”

そして

やってみてわかったことなのですが、1日に回れる件数が大体10件ほどが限度ですね。

 

相手の方がどんな時間の過ごし方をされているのか

好みや興味を持っていただいた部分はどこなのか

もっとその方が幸せを感じるためには何ができるのか

 

そんなことをしっかり把握するためには、時間が必要!!!

売り手vs消費者 の構図ではなく、野菜好きな人同士という関係性の中でお野菜をお届けしなくては、これまでの数多あった野菜宅配と何ら変わらないと思っています。

 

f:id:vegejun:20170831002028j:plain

 

野菜を生産して、だれかに届ける

なんていうビジネスは遥か太古の昔から存在してるんですよね。

 

 

だからこそ宅配事業をやっていく中では、生き残ったモデルの知恵の塊である、

”コストを最小化、生産性を最大化させるためにすべきだと論理的に導き出されること”

は前提の仕組みとした上で、

 

【もっと農家さんと食べ手の距離を縮めるためには?】

【もっと食べ手の食卓が幸せになるためには?】

 

という問を持ち続けていくことが重要であると感じました。

 

アタマがいくつあっても足りない。。。。

もっとたくさんの方々と創り上げていこっと!

 

 

❖ぶさべじ宅配

ご注文はこちら⇛http://www.busavege-takuhai.com/

▶毎週末に神戸の超新鮮で美味しいお野菜たちを、ご希望の時間と場所まで送料無料でお届けするサービスです

▶レシピ、保存方法はもちろん一緒にお届け!

▶”誰かのために。野菜を創る。届ける。”をコンセプトに、神戸の農家さんのもとで気軽に農業を行い、自分だけの野菜を創れるプロジェクトも新しく始めています。

 

f:id:vegejun:20170831002945j:plain

 

大事にしたい瞬間ですね

甲子園をめぐる球児たちのドラマを見て、野球熱が上がっております、

ぶさべじのささきです。

 

がむしゃらに熱く、仲間同士でハイタッチしたり、抱き合ったりする姿って

ほんまに素敵ですよね。

こんな瞬間に出会いたいって誰しもが何処かで思っているからこそ、

高校野球は人を引きつけるんでしょうね。

 

 

ほんで。実は、ぼくもそんな熱くなれる仲間たちがいるんです~

(ここを話したかったがゆえの前フリでした)

今回はそんなぶさべじの仲間たちとの1日をご紹介。

 

f:id:vegejun:20170729001250j:plain

 

みんな、ほんまにいい笑顔をするんですよね。

実は、これでも全員ではないんです。

ぶさべじめんばー。

 

年の差、最大、6歳。。。

 

多様性マックスです。

 

 

そんなぶさべじめんばーと昨日ミーティングを行い、新たな施策のコンセプトづくりを行いました!

f:id:vegejun:20170729001626j:plain

 

ぼくらとして、絶対に届けたい価値はどこにあるのか、一方でお客様が求めている価値は何なのか。

それらを端的に表す、”意志を持った言葉”にはどんなものがあるのか。

 

文字にして書くと簡単ですが、このプロセスがとても難解。

自律的に今後何年先も価値を発揮し続ける事業にするためには

この土台とも言える基盤がみんなの中で共通認識としてスリあっていないと駄目です。

 

ですので、手抜き無しで、でもクリエイティビティを無くさずにやったりました!

 

f:id:vegejun:20170729002451j:plain

 

 

f:id:vegejun:20170729002444j:plain

 

ひとが好きで、お野菜が好きで、農家さんも好きな僕らだからこそ生まれる言葉たちがあり、そこは確実に”意志が宿っている”そんな感じがしました。

【ささき こんなことやってます 第一弾】

前回投稿からはや5日。

 

ばたばたしており、ぶろぐをさぼってしまった。。。

今日から毎日更新します(勝手宣言)

 

 

f:id:vegejun:20170725222742j:plain

 

とても尊敬してやまないある先輩から

 

「何をしているのか、なんでしているのか教えて!」

 

と頂き、たしかに僕が読者やったらそこが知りたいな~ということで

今日は、個人事業主となって何をしているのか”について

書きますね。

 

ぶさべじ宅配、はじめました

 直近での動きでは、これは外せないですね。

f:id:vegejun:20170725224059j:plain

(写真は農家の大西さんと) 

 

軽トラックをレンタルし、午前中に農家さんのもとを訪れ、お野菜を集荷。

ご注文を頂いていたお客様のもとへお野菜を届けるというもの。

 

今回は、”ぶさべじおまかせ夏野菜セット”と題して

1セット500円でどうでしょう!と。

 

・千両なす

トスカーナバイオレット

・とうもろこし

・オクラ

・パープルクララナス

・きゅうり

の豪華ラインナップ

 

f:id:vegejun:20170725232651j:plain

 

お届けする方々の活動時間帯やお忙しさ、

ライフスタイルの特徴や食事の傾向について仮設立てをしてお野菜を発注する。

 

加えて、お野菜たちが食卓に並んだとき、

「おお~!おいしそう!!」

とこころが弾むかどうかも妄想する。

 

そんなことを行った上で

松井さん(稲美町の農家さん)・大西さん(神戸市西区の農家さん)・山崎さん(押部谷の農家さん)のもとへ

お野菜を受け取りに行っておりました。

 

☑ぼくの仮設はどれほどの精度だったのか?

本当にお客様は喜んで頂けるのか?

理想である、「ひとのあたたかみを通じて、おいしく・体によく・たのしい食の空間を創る」につながるのか?

 

どきどきするぼくの手は、汗でびっちょりで、

軽トラックのハンドルもびしょびしょでした。

 

果たして、お客様の反応やいかに。。。。

 

宅配に見いだせた可能性

 

f:id:vegejun:20170725234510j:plain

f:id:vegejun:20170725234358j:plain

 

f:id:vegejun:20170725234428j:plain

 

もう、ぼくも終始笑顔でした!!!!

見たことのないお野菜、新鮮で生き生きとしたお野菜がもつパワーはすごいです、

本当に。

お客様が一瞬で笑顔になります!

 

中には

f:id:vegejun:20170726000526j:plain

 

「夏野菜カレー、作ってみました!!!!」

 

f:id:vegejun:20170726000607j:plain

 

「なすの食べ比べしてみました!!」

 

と料理の写真を送ってくれる男性までいらっしゃって。

農家さんがおすすめしてくれた料理法を試してもらえるのもまた嬉しいです!

 

 

そして、ぼくが宅配においてこだわっていたこと。

 

単にお野菜を届けるだけで終わらせない。

農家さんのお人柄やこだわり、消費者へ届けたい想いを届ける。

 

この実現を通じて

”若者=野菜食べない、興味ない”

なんていうのも、真実っぽい嘘であるとぼくは思いました。

(この話はまた今度改めて)

 

ささきが大事にしていること

 とりあえず、やってみる。

 

今回は、これに尽きました。

正直、ぼくはいわゆるなビジネス力や専門性、地頭力等など

どれをとっても超一流には勝てていません。

 

でもだからこそ、無知は無知なりの戦い方があり、

それこそが ”高速実行×高速/良質PDCA” だと思って大事にしています。

 

 今回の宅配、ビジネス的には正直厳しい戦いです。

 

お客様にも農家さんにも喜んでもらえるサービスを、

ぼくが実現したかったサービスを、

継続して提供し続けるためにもがむしゃらに頑張ります!!

 

 

8月頭から毎週ぶさべじ宅配やっていきます!

 

ご都合の良い場所、時間帯を仰ってください。

形/色/大きさなどにとらわれず、すべてのお野菜からしあわせな食をお届けします!

そして、農家さんのあたたかみもお届けします!

お楽しみに!!!!

【24歳、ホームセンターで緊張する】

タイトルのとおりです。

お恥ずかしながら、めちゃくちゃ緊張しました。

ホームセンターで。

 

坊主・ひげ・めがねが店内を何周したことか。

 

f:id:vegejun:20170720224617j:plain

 

こんばんわ、ぶさべじのじゅんです。

 

というのも、これを買いに行っていたんです。

 

f:id:vegejun:20170720224813j:plain

 

袋とカゴ

 

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

なんで??

 

 

 

どしたん???

 

 

 

いや、それで緊張ってはじめてのおつかいやん。

 

 

 

いや、たしかにはじめてのお買い物やったんです。

 

 

実は、個人事業主となってからのはじめての事業系の出費

 

 

これから幾度となく、こんな出費は訪れると思うのですが、

初出費は最初で最後。

 

おしりに火が付くほどの経済状況でのこの出費は大きい。。。。

が、なんか感慨深いものがありましたね。

この感覚は真空パックしとかなくては。

 

 

f:id:vegejun:20170720225657j:plain

 

そして、帰宅後は明日からお野菜を届けるお客様へのメッセージ書き

 

ひとりひとりのお客様と、農家さんの顔を思い浮かべるこの時間は、

たとえぶさべじが大きくなっても、絶対に無くさない文化にします。

 

明日からの宅配、楽しみです!!!!

 

 

 

f:id:vegejun:20170720225935j:plain

 

<きょうのおいしい>

はうすめいと手作りのすいーとぽてと(熊本産)

 

さつまいものゴロゴロ感をあえて残したすいーとぽてと。

さつまいもがぎゅっと圧縮されて、口に押し寄せる感じ。

幸せが押し寄せる感じ。

良き感じ。

【妄想しまくる】妄想Day

今日の午後は、にやにやのダダ漏れをしていたかもしれません。。。

ここだけ聞くとちょっと怪しいやつですね。

 

 

こんばんわ、ぶさべじのじゅんです。

f:id:vegejun:20170720011716j:plain

 

 

というのも、午前中は八百屋さんtime(このtimeについてはぼちぼち触れていきますね)

を過ごし、午後は今週の金曜日からの動きの準備をしていたのです。

 

 

それは。。。。

 

 

 

 

 

 

 

ぶさべじ宅配!!!!

 

 

 

 

ついに始まるんですよ~

野菜へのこだわりはもちろんですが、そのお人柄も素敵で、

人としてぼくがとっても大好きな農家さんたちのお野菜をお届けできる日が来るとは。

 

 

ぼくは車を持っていないので、

軽トラックをレンタルして、朝直接農家さんからお野菜を受取り、

その足で注文いただいた方々のところまで軽トラでお届けするという、

”あなろぐ宅配”

 

 

「このお野菜たちが届いたら食卓がおいしく、楽しい空間になるな~」

 

なんて考えながら、農家さんたちにお野菜を発注していたんです、今日の午後。

 

にやにやのダダ漏れ元、特定。

 

最初は神戸市近郊からはじめます!

若干まだお届けできる余裕がありますので、

ぶさべじ宅配ふぉーむ

で注文いただければと!

 

 

わくわく(8割)。

どきどき・不安(9割)。

良うわからん、割合ですが、とりあえず眠れません。

 

お楽しみに!!!

 

 

f:id:vegejun:20170720012950j:plain

 

<きょうのおいしい>

中華風 完熟とまと&とろとろ卵のまりあーじゅ

 

農家さんから頂いたトマト、味が濃くて、格別。

卵のベールから覗くトマト達の甘みと酸味が夏の暑い時期にぴったりでしたね~

いくらでも食べれます

 

今日もごちそうさまでした。

【ひとを好きになる道のり】有機農家の大皿さん訪問

急に雨が降って、こりゃ大変だ~と思ったのもつかの間、

急に日差しがガンガンと照りつける。。。。

なんと関東の方ではひょうが降ったとか。。

お天気はとっても気まぐれですね~

 

 

こんにちは、ぶさべじのじゅんです。

 

f:id:vegejun:20170718230714j:plain

 

今日は、稲穂がほがらかに鳴り、みどりのいい匂いがする場所に行きました。

 

 

f:id:vegejun:20170718230853j:plain

 

 

神戸市西区で有機農法にこだわり、お野菜を作っていらっしゃる

大皿さんの畑にお邪魔してきました。

 

 

約2年ぶりにお会い出来た大皿さん。

変わらずとっても気さくで、熱くて、行動力がすごい方。

 

お互いの近況共有から始まり、徐々に話は「農家さんと消費者のあり方」へ。

 

この時間。

大皿さんと農業や食のあり方について話す時間がほんっとうに楽しい!!

 

f:id:vegejun:20170718232322j:plain

 

「選択肢として”有機のお野菜”がみなさんのすぐ近くにある状態にしたい」

 

「お互いの人となりや考えが伝わり合って、支え合いができる関係性を消費者の方と創る」

 

 

終始、うんうんと共感ばかりでした。

ほんまにここに尽きると思うんだよな~

 

 

単なるお野菜の消費ではなく、

そこに”ひとのあたたかみ”を感じられるかどうか。

 

全てのお野菜を通じて、農家さんを知り、好きになっていく道のりを

模索し続けることがぼくの使命やなとぐっと心を掴んだ1日でした。

大皿さん、ほんまに感謝です。

 

 

f:id:vegejun:20170718233102j:plain

 

<きょうのおいしい>

大皿さんに頂いた、ふるーつほうずき

食感がはじけ、果肉がじゅわっとみずみずしく跳ねる感じがやみつきです!

大皿さん、ありがとうございました!!

 

大皿さんの思いがこだわりが詰まったお野菜も扱わせていただきます!

これからを乞うご期待!

24歳、会社辞めて、八百屋になりました。

はじめまして。

 

いや~、タイトルの通りなのですが、改めましてご挨拶をしたいと思います。

 

 先月、東京のベンチャー企業を退職しまして、

遠く神戸の地で八百屋(ぶさべじ)としてスタートしました、ささきじゅんと申します。

 

 

f:id:vegejun:20170715214743j:plain

 

個人事業主としての人生が2週間前に始まったのですが、

不安(8割)とワクワク(2割)で毎朝心臓がドキドキして目が覚めます笑

もはやアラーム必要なしです。

 

 

着飾ることなく、ありのままのことばで八百屋としての奮闘を文字にしていきたいな~と思っています。

 

 

ぼくのブログを読んでくれて

 

「立派なキャリアやスキルが足りなくても、好きなことで生きていけるんや~」

 

なんて思ってくれる方がいつか出てきたら、シンプルに嬉しいな~なんて思いながら

ぼちぼちと更新していきます。

 

 

これからよろしくお願いいたします!